記事リスト

綿ありと綿なし

半纏

日常着かイベント用か

日本の伝統衣装として着物があります。女性用も男性用もありますが、どちらにしてもあまり着用している人はいないかもしれません。きちんと着ようとすると洋服に比べて大変です。着物だと一人で着られないときもあります。着物は和装の一つになるでしょうが、和装の中でも比較的着やすいスタイルのものがあります。それが半纏です。着方は比較的簡単で、羽織った後に腰のあたりをひもで結ぶだけです。ひもで結ばない着方もあります。半纏は、元々商売人などが気軽に羽織れる作業着として着られるようになりました。その当時に着られていたものは綿なしタイプで、単に上に羽織るだけの目的で使われていました。今綿なしタイプの半纏でよく見られるのはイベントなどに使われるものでしょう。法被に近いですが、厳密には異なります。祭りなどで同じ衣装にしたいときであったり、販売店などの制服として用意しているところもあります。まとめて注文することが多いタイプになります。一方で綿入りの半纏があります。綿なしのものに比べると綿が入っている分保温性やクッション性があります。寒い時期などに、何か上に着るものがあると助かるときがあります。その時に着られるようになっています。こちらはイベント用などではなく、日常的に着られるようになっていて、デザインも様々です。イベント用は派手な装飾をしたものが多いですが、日常的に着るものはどちらかといえば地味なデザインになるでしょう。家の中で着ることが多い衣類です。