記事リスト

豪華な金襴緞子の衣装

桜

他とは違う体験をする

江戸時代は男性を悦ばせることを生業とする女郎が、娼館に集められておりその中でも特に美しく優秀であれば花魁という地位を与えられ優遇されました。しかし花魁となるには、美しさだけではなく優雅な所作や客をもてなすための教養の高さが求められます。したがって花魁と認められた女郎は、豪華な衣装を身に着けるだけでなく、客を選ぶことができる立場でした。京都ということで、外国人観光客も多くいて着物を見ると褒めてくれますが、舞妓さんと花魁の衣装が違う意味に気づいていません。花魁が身に着ける衣装は、舞妓さんの衣装とは違い一夜限りの初夜を客と迎える意味合いがあるのをご存知でしょうか。だから一番外側に着ているのは、現代の花嫁も身に着けることがある色打掛という花嫁衣裳なのです。普通の花嫁衣裳と違っているのは、花魁の場合は帯が解きやすいように前で結ばれています。国際都市でもあり観光都市でもある京都にいると、歴史ある街並みと自然が多く残されており江戸時代にタイムスリップしたような錯覚に陥るのです。古都京都で特別な体験をしてみたいならば、花魁の衣装を身に着けて観光を楽しむのはいかがでしょう。着倒れの街という名称を持っている京都では、他にはない豪華な衣装が揃っている写真スタジオがあるのです。金銀緞子の豪華な衣装を身に着けて、髪飾りもつけて花魁風の化粧をしてもらえばまるで別世界に入り込めます。一人でもカップルでも利用できるコースが企画されており、衣装を身に着けて散策できるプランもあるので体験してみましょう。